読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただつらつらに。

好きなことについて。思ったことについて。好き勝手に書いていきます。

なぜ、言葉を書き出すのか。

思うこと

まずはじめに。

なぜ、ブログを始めようと思ったのか。

 

自分の気持ちを、言葉して書き出しておきたかった。

私の人生の中で出会った気持ちを言葉にしたかった。

 

 

大学進学と同時に家を出て、関西で4年間を過ごした。

その頃からずっと使い続けているTwitterアカウントがある。

 

楽しいこと、嬉しいこと。辛いこと、嫌なこと。

誰にもばれないように、こっそりと書き出していた。

 

大学生活にもなれ、友人が増えると次第にフォローされるようになった。

 

友人たちはキラキラしたアカウントばかりで。

一方私は、くだらないことばかりをただ書き連ねていた。

 

辛いこと、嫌なことを書くたびに、

「君のSNSは荒れている」と直接言われるようになった。

 

誰かに話した言葉は、口からでた瞬間に他人ごとになってしまう。

直接言葉にするのではなく、ただ、自分の気持ちを文字にしたかった。

でも、言葉にするには、少しだけ卑しい気持ちだった。

 

私だとばれない場所で吐き出していたのに。

どうしてあなたは、私だと、特定してしまうのだろう。

 

どんな風にとられても言い訳ができるようにしないといけない。

誰のことも傷つけたくない。

140文字を書いては消しての繰り返しだった。

 

 

あと数か月で26歳になる。

未だに同じTwitterアカウントを使っている。

相変わらず大学の友人や職場の同期、趣味の友人など、

面識のある人達に見守られている。(有難いことである。)

 

気持ちを書き出すことは、少しずつ減っていった。

しょうもない仕事の愚痴Botと変わらない。

 

言葉が頭の中でとまってしまう。

本当に言葉にしたいことは、こんなことではないのに。

 

ただ、どんな言葉を選べばよいのか。

どこで、それを書き出せばよいのか。

 

あぁ、だから。

つまらなくなったと、言われてしまうのか。

人生の交通事故に巻き込まれてしまうのか。

 

 

こんな26歳になりたかったわけじゃない。

 

好きなことを、好きなように。

誰のためでもなく、自分のために。

 

使い古された、在り来たりな言葉を並べて。

私は私のために、言葉を書き出そう。

 

そんな作業の結果を、ブログとして

何日か後の私に残してあげよう。

 

そんな気持ちで書いていきます。