気づいたときには、突然に。

好きなことについて。思ったことについて。好き勝手に書いていきます。

あんなことやこんなこと。


f:id:night_on_fool:20180525141544j:image

ゆったりとした生活を過ごすと、今までどれだけギリギリで生活していたのかを痛感する。

 

お布団の精霊爆睡モードから文化的人間(見習い)モードに突入してきたのもあって、小さな波を繰り返しながら、ゆるゆると上昇しているような、そんな気がしている。

 

休職してから、毎週主治医と面談をしている。

休職直後は「いいから黙って薬のんで寝ろ!」しか言われなかったけど、だんだん、「焦らないで、もう少し様子を見ましょう」へ移行し、最近は「朝起きれたね!えらいね!!」と褒めてもらって1週間が終わる。

 

いつになったらもとの生活に戻れるのかなぁと思うけど、漠然と思っているだけで、振り子が右へ左へ揺れるのをぼーっと眺めるのと同じ様な感覚だから、なんだか自分のことなのに他人事過ぎて、もどかしいなぁと思う。

 

もう少し毎日の時間を有意義に(例えば、勉強とか?)使えればよいのかもしれないけど、代わり映えのしないニュースをみて、続けてドラマの再放送をみて、ちょっと散歩して、たまに本を読んで、ご飯を沢山食べて寝るという、書き出してみると尚更、だらけた生活をしている。

これでも午前中動ける日が増えてきたから、大分ましになったんだけどね。

 

自分ではよくわからないけど、久しぶりに会う人のほぼ全員の第一声が「顔色が良くなったね!!!!」なので、他人からみても経過良好ならいいのかなぁと思う。

当時は生きるか死ぬかの毎日で、自分なりに頑張ってたつもりだったけど、どんな顔して働いていたのか、想像するだけでも恐ろしい。

 

最近、担当の産業医が変わったのだが、出身大学のことや、休む直前の睡眠方法について聞かれ、弊社にしては引き継ぎの成果が出ていて、ちゃんとした人なんだなぁって安心した。

 

休む直前は寝坊を避けるため、部屋の照明&テレビフル稼働+床で寝るという暴挙を1年半くらいしていたのだが、さすがにアラサーになってキツくなってきたし(体がパキパキになるのと、引っ越した先がフローリングで寒い)、お休み期間に入ってからは電気を消してお布団で寝ることにした。

(改めて活字でみると、常軌を逸する睡眠方法だと思うが、当時は家で夜飯を食べながら寝てたりしてたから相当ヤバかったんだと思う。)

 

そんな状況を引き継ぎ資料から察してくれたのか、産業医が「これ読んでみて!あげるよ!」とくれたフリーペーパーの見出しが、「朝スッキリ!グッスリ睡眠」だったのでちょっと笑ってしまった。

これを機会に睡眠について学ぼうかな。

決まっていたことのように、自然に。

1ヶ月前から5年続けた仕事を休むことになった。

 

なんだが、あれよあれよと決まったことなのだが

いざ休んでみると、こうなることが最初から決まっていたような気がする。

 

よく会っていた妹には「もう少し早く、そうして欲しかった」と言われ

SNS上の知り合いからは身を案じるDMをもらったいた。

本人だけが「まだいけるのでは?やれるのでは?」と、

ギリギリの綱渡りを知らないうちに楽しんでいただけなのかもしれない。

 

休み始めてから、本当に自分でもがっかりしてしまうくらいに

特にこれといってなにもしていない。

 

休む前はやりたいことがたくさんあった。

読みたい本も、見たい映画も、いきたいところも、勉強したいこともあった。

 

明日のことも誰のことも気にしないで、24時間をどうにでも使えるはずなのに

働いていた時とは1日の流れ方や方向が違うので少し驚いている。

 

働いていた頃は、一人で完璧にできることが当たり前で、誰かに仕事をふるのが苦手だった。

自分でやった方が早いし管理できるから

精神衛生上を考えても自分の手と目の届く範囲においておきたかった。

 

ずっと目的地が見えない電車に、同時に何本も乗っている感覚だった。

 

いつ乗り込んでしまった電車なのか。

いつ降りることが許されるのか。

 

今思えば、いつだって降りる事ができたのだろうし、

緊急停止ボタンを押して電車を止めてしまえばよかったのかもしれない。

 

何本ものレールが無数にも絡まってしまって、これをほどくのはとても大変で

ほどいてしまったら私の心までも変わってしまうのではないかと思っていた。

 

たぶん、私の心はどこかでわかっていたのだと思う。

止まってしまったらもう走れないと言うことを、認めることができなかった。

 

お休みすることになった時は、

「明日からは、この先の見えない乗り継ぎ電車に揺られ続けることがない」という事実に、

信じられないような安堵を覚えた。あぁ、もうよいのかと思った。

家に帰って、久しぶりに泣いた。

 

乗り継ぎの電車の中では外の景色を楽しむような余裕はなくて、 

楽しいという気持ちが無くなっていく感覚に気がついた頃には、

私の中には何も残っていなかった。

 

時間が過ぎればそのうちできることが増えてくるよ、と言われるが

いまいちピンと来ない自分がいる。

 

うわーっと吐き出してしまいたいことは沢山あるはずなのに

言葉を吐き出すということは、とても体力がいることだ。

 

辛うじて行けたライブもミュージカルも何個かあるし、

全部大切な心の栄養になっているが、語彙力が無さすぎてどうにもなりそうにない。

 

休みを過ごして思うことは、

心に栄養がある人になりたいということだったりする。

書きたいことはたくさんあるのだけれど。

どうしてか、言葉にならない。

 

忘れてしまわないように

はやく全部吐き出してしまいたい。

2016年の文化的活動について【備忘録】

◆参加ライブ

※仕事で行けなかったのは除く

 

2016.01~

The Birthday  

 

2016.02~

cinema staff

 

2016.03~

The Birthday  

The Birthday  

 

2016.04~

The Golden Wet Fingers

KANA-BOON

 

2016.05~

Nothengs Carved in Stone

メトロック

東京スカパラダイスオーケストラ

 

2016.06~

cinema staff

The Golden Wet Fingers

The Golden Wet Fingers

 

2016.07~

The bawdies

ART-SSHOOK

BUMP OF CHICKEN

BUMP OF CHICKEN

夜の本気ダンス

 

2016.08~

ロッキン2日目

cinema staff

The Birthday

レキシ

The Birthday

スイートラブシャワー

 

2016.09~

ベイキャンプ

The Birthday

The Birthday

ベルトパンチ

 

2016.10~

Cocco

浅井健一

The Birthday

The Birthday

LAMP IN TERREN

The Birthday

 

2016.11~

秦基博

鬼塚ちひろ

ストレイテナー

ベルトパンチ

Nothengs Carved in Stone

ACIDMAN

東京スカパラダイスオーケストラ

 

2016.12~

The Birthday

家入レオ

カウントダウン2日目

lego big morl

カウントダウン4日目

 

 

◆ミュージカル、劇

ウエストサイド物語

SHOCK

リトルマーメイド

コーラスライン

この命誰のもの

エクウス

李香蘭

アンチゴーヌ